導入事例:DOUG'S BURGER博多駅店


宮古島でしか味わえなかった絶品ハンバーガー「DOUG'S BURGER(ダグズ・バーガー)」が、JR博多駅「アミュプラザ博多」地下の「Hakata9(ハカタナイン)」のリニューアルに合わせ、2017年2月2日オープンしました。

DOUG'S BURGERは、「東京生まれの日本人、カリフォルニア在住のアメリカ国籍で企業弁護士、大の釣り好き」という異色のオーナー「ダグさん」が宮古島に開業したお店で、宮古島産の新鮮なキハダマグロを使った「ツナステーキバーガー」から最初のメニューが始まりました。

宮古島に魅せられたダグさんは、宮古島の魅力とともに経済の発展にも寄与すべく、宮古島から西へ67キロの多良間島産の名産黒毛和牛を使った、着色料・保存料および化学調味料を使用しない安心の絶品和牛バーガーを生み出しました。

DOUG'S BURGER博多駅店は、店内の壁に宮古島に関する情報や地図が並び宮古島について知ることができるようになっています。そこに宮古島の風景が、写真でなく動く映像で本物の景色のように見ることができたら、より一層宮古島の雰囲気を体感できるのではないかと、Atmoph Windowが導入されることになりました。店舗が地下1Fにあることもあり、開放感も同時にもたらすことができました。

宮古島の広がる海のうつろいを見ながら、ダグさんの宮古島産食材の絶品バーガーをぜひお召し上がりください。

DOUG'S BURGER
http://www.dougsburger.com/index.html

Hakata9
http://hakata9.com
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 アミュプラザ博多 B1F Hakata9