フランスでインテリア・デザイン見本市メゾン・エ・オブジェに出展。Atmoph Windowの新商品4K大型モデルを発表。


2017年9月8日~12日開催されたのメゾン・エ・オブジェにて、部屋にいながら世界各地の風景を、4K撮影動画と音で楽しめる「デジタル窓」のAtmoph Windowを出展しました。最近リリースされた、3台を連携してワイドな映像を映し出せる新機能「パノラマ」も合わせて展示しています。また、新商品としてAtmoph Window初のシリーズ商品となる大型サイズのAW501を会場にて発表しました。

現行の27インチ液晶パネル搭載のAtmoph Windowに対して、大型モデルのAW501は縦横2倍、面積4倍のサイズに相当する55インチとなり、ついに搭載液晶パネルは4Kへと進化。ご家庭だけでなくオフィスや店舗、ホテルなどの広い場所でも、世界の風景をよりリアルな臨場感で体験することができます。また、このAW501はAtmoph Windowで初めてCO2センサーを搭載し、空気の質をモニタリングします。本物の窓のように窓が開いて換気することはできませんが、CO2濃度に合わせて換気を促してくれます。視覚による癒しと開放感の提供に加え、室内環境の心地よさを一層向上させる製品が誕生しました。